GILLES ROSIER

ジルロズィエについて

ブランドについて

フランスに創立されたファッションブランド

ジルロズィエのデザイナーについて

Gilles Rosier/ジルロズィエ
1961年 フランス・パリ出身。
パリクチュール組合学校(Paris Chambre Syndicale de la Couture)卒業。
卒業後、ピエール・バルマン、クリスチャン・ディオール、ジャン・ポール・ゴルチエを経て独立、「GR816」というブランド名でコレクションを発表。7シーズン発表した後、「GR816」ブランドを閉鎖、そして「ジルロズィエ」にブランドを立ち上げる。
ケンゾー引退後、ケンゾー・レディーズウェアのクリエイティブディレクターに就任。2004S/Sコレクションまで担当。
ケンゾーのデザイナーを降りた理由は、自身のコレクションに専念するため。2004A/Wコレクション以降は自身のブランドに専念。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。