Fred Perry

フレッドペリーについて

ブランドについて

 イギリスのテニス・プレイヤーFrederick John Perry(フレデリック・ジョン・ペリー)が1952年に設立したブランド。スポーツウェアとしてスタートし、ファションブランドへと発展を遂げた。ローレル(月桂樹)を模したマークがブランドアイコン。

 スポーツとファッションを融合し、スタイリッシュなデザインと機能性が支持され、モッズスタイルの代表的ブランドとして確立。日本ではローレルのワンポイントのポロシャツがヒットし、英国のモッズ系ブランドとして定着した。

 近年では、エクスクルースシヴライン「LAUREL(ローレル)」や、RAF SIMONS、COMME des GARÇONSなど、多くのファッションブランドやアーティストとのコラボレーションを発表している。

フレッドペリーのブランドヒストリー

1952年、イギリス・ロンドンにてFrederick John Perry(フレデリック・ジョン・ペリー)がテニスブランドとしてフレッドペリースポーツウェア社を設立。

 Frederick John Perry(フレデリック・ジョン・ペリー)は、1909年、英国ストックポート生まれ。1929年に卓球の世界チャンピオンになった後、翌年テニスのウィンブルドン大会にチャレンジし、いきなりベスト16入り。1933年に全米選手権シングルス優勝、34年にイギリス人で初めてウインブルドン大会でシングルスで優勝し、35、36年と前人未到のウインブルドン3連覇を達成した。4大大会のシングルス・タイトルを史上初めてすべて獲得した名プレイヤー。
 テニス引退後、ファッションビジネスの世界へ転向し、40年代後半にフレッドペリーの名でリストバンドを開発。その後シャツを販売し、会社設立に至った。

 ウインブルドンから正式に許可を得て、トレードマークの月桂樹のマークが生まれる。

 体にフィットする細身のシャツがテニスプレーヤーに人気となり、それが一般の人々にまで普及。ファッション&スポーツウェアのブランドとしての地位を確立した。

1960年代、細身のシャツがロンドンの「モッズファッション」の定番アイテムとして受け、人気をさらに不動のものにした。

1970年代、日本に上陸。フレッドペリーのワンポイントマーク(月桂樹)のポロシャツがブームとなる。

2007年8月、エクスクルースシヴライン「LAUREL(ローレル)」のオンリーショップを大阪、東京に同時オープン。

フレッドペリーが展開するライン

エクスクルースシヴライン「LAUREL(ローレル)」

最終更新: 2009.06.01