diptyque

ディプティックについて

ブランドについて

フランス・パリ発のフレグランスブランド。
1961年にインテリアデザイナーのクリスチャン・ゴトロ、画家のデスモンド・ノックス=リット、劇団支配人で舞台美術家のイヴ クロエンら3人によって、パリのサン・ジェルマン大通り34番地にブティックをオープンしたのが始まり。研ぎ澄まされたセンスを活かし、飽くなき好奇心と美に対する鋭いセンスによるセレクトを展開。そして、1963年から「diptyque(ディプティック)」は、香りの創造を手がけるようになり、フレグランスキャンドル「Aubepin(オベピン)」、「Cannelle(カネル)」、「The(テ)」、続いて1968年には最初のオーデトワレ「L'Eau(ロー)」を発売。
こうして、独特の黒い飾り文字を配した白いオーバル型のラベルを特徴とする、豊富なレパートリーのフレグランスが華々しくスタートした。今日も良質の素材に対する厳しいこだわりを持ち、独創性とエレガンスを追求し常に厳選された、フレグランスを創り続けている。

ディプティックのブランドヒストリー

1961年 仏・パリ サン・ジェルマン大通り34番地にブティックをオープン。
1968年 初のオーデトワレ「L’Eau(ロー)」を発売。
2011年4月 創業50周年記念として世界初のポップアップショップを「GYRE Omotesando」にオープンする予定であったが、東日本大震災の影響により、開催を一旦延期すると発表した。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。