Crockett & Jones

クロケット&ジョーンズについて

ブランドについて

イギリスの老舗シューズブランド。国靴の聖地ノーザンプトンでチャールズ・ジョーンズ兄弟と、ジェームズ・クロケットによって設立。

熟練したクラフトマンたちの高い手技から生まれるその靴は、美しさはもとより、足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想の逸品。製造過程では、一足を作るのに約8週間を要するグッドイヤーウエルト方式の採用や、防水性を持たせたベルトショーン製法など、熟練した職人のみが成せる伝統的な手作業の製法が受け継がれている。また、世界中で、最も多く木型の種類を持つ靴メーカーとして、靴作りのデザインバリエーションや素材選びでは、大変優れたノウハウを持ち併せているということが、クロケット&ジョーンズの大きな特徴である。1879年創業以来、120年間かわることのない、その伝統の靴作りの哲学は、現在でも受け継がれ、イギリスでも最も優れたメーカーとしての地位を誇る。
ポールスミスの生産を請け負っていたこともあり、多くの高級セレクトショップ、百貨店で取扱があり、日本では新宿伊勢丹、バーニーズニューヨーク、インターナショナルギャラリー ビームスなどで販売されている。
ワンランク上のコレクションとして、ハンドグレードコレクション(Handgrade Collection)も展開。このラインは、手作業の工程を多くし、甲革の素材もより上質なものを使用している。

クロケット&ジョーンズのブランドヒストリー

1879年 イギリス、ノーザンプトンでチャールズ・ジョーンズ兄弟と、ジェームズ・クロケットによって設立
1924年 当時のヨーク公(後のジョージ6世)も一目おく高品位な既製靴を作り出す
1990年 英国における輸出貢献を認められ、クイーン・アワードを受賞
1990年代後半、オンリーショップをロンドンのジャーミン・ストリート、シティー、そしてバーリントンアーケードに出店、さらにはパリにも出店
現在、4代目にあたるジョナサン・ジョーンズが経営
代々受け継がれた自社工場によって創業時から変わらぬポリシーの靴造りが行われてる

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。