CITIZEN

シチズンについて

ブランドについて

1918年に創立した日本のウォッチブランド。
「Micro HumanTech」をコンセプトに人々の期待やあこがれの中に眠る新しい可能性や「次のカタチ」を、世界をリードする小型化・精密技術で的確に彫り起こし、確かな価値を創造していく。かつては腕時計の機会体の生産量世界一を誇っており、現在も世界シェアの3割以上を占めている。
シチズンの名前の由来は英語で『市民』という意味より、市民に親しまれるようにとの願いを込めて作られた。
クオーツ式時計が主流になる前に、電磁テンプ式時計の生産にいち早く成功し、また米ブローバ社とともに『ブローバシチズン』を設立、音叉式腕時計の国内生産にはじめて成功した。
現在は時計だけでなく、デバイス、産業用機械、電子機器製品など幅広く活躍している。

シチズンのブランドヒストリー

1918年3月 尚工舎時計研究所創立
1924年12月 懐中時計第一号完成
1930年5月 CITIZEN時計株式会社創立
1931年6月 腕時計第一号完成
1952年3月 国産初のカレンダー付ウオッチ発売
1956年4月 国産初の耐震装置「パラショック」発売
1958年6月 国産初のベルの鳴るウオッチ「アラーム」発売
1959年7月 国産初の完全防水ウオッチ「パラウォーター」発売
1962年8月 世界一薄型の三針ウオッチ「ダイヤモンド・フレーク」発売
1965年12月「クリスタルセブン」発売
1966年3月 国産初の電子ウオッチ「エックスエイト」発売
1967年1月 世界初の水晶電子クロック「クリストロン」発売
1971年10月 音さ式電子ウオッチ「ハイソニック」発売
1973年8月 水晶ウオッチ「シチズンクオーツ」発売
1976年8月 世界初のアナログ式太陽電池ウオッチ「ソーラーセル」発売
1978年5月 世界で初めてムーブメントの厚さが1mmの壁を破った
       クオーツウオッチ「エクシードゴールド」開発
1978年11月 国産初のコンビネーションウオッチ「デジアナ」発売
1982年8月 1,300m 防水「プロフェッショナルダイバー」発売
1986年12月 腕時計(ムーブメント換算)年間生産量世界一となる
1987年6月 チタンウオッチ「アテッサ」発売
1993年5月 世界初多極受信型「電波時計」発売
1995年5月 10年間無償保障・生涯修理対応「ザ・シチズン」ウオッチ発売
1996年11月 現代女性向けウオッチ「クロスシー」発売
1998年12月世界初の光発電&自動巻発電ウオッチ「プロマスター エコ・ドライブ デュオ」発売
1999年6月 電波修正&光発電「アテッサ エコ・ドライブ 電波時計」発売
2000年11月 本物志向の本格高級ウオッチ「カンパノラコレクション」発売
2001年4月 ユニバーサルデザインウオッチ「MU(ミュー)」発売
2002年11月 光発電ウオッチでは世界一薄い「ステレット」世界同時発売
2003年6月 世界初アンテナ内蔵型フルメタルケースの電波時計を発売
2005年6月 世界最小の電波時計ムーブメントを搭載した女性用電波時計を発売
2006年 FURLAと時計部門でのライセンス契約を締結
2006年5月11日 KOOKAIとコラボレートし、チェーンブレスレットタイプのウォッチを発表。
2008年11月 YLANG YLANGとコラボレートした時計を発表

最終更新: 2011.06.29