CHUMS 

チャムスについて

ブランドについて

1983年に設立されたアメリカのアウトドアブランド。
設立者はその当時リバーガイドだったマイク・タゲット。川を渡っている時にサングラスを落とさない方法を考え、眼鏡ストラップを生み出したのがCHUMSの始まり。その後、マスコットであるペンギンのキャラクターBooby bird(ブービーバード)が誕生するなど、様々な商品が商品が開発されたりして広く知られるようになった。1988年にスウェットが誕生して以来ますますその展開は広がっていった。
日本に初めて登場したのは1987年。それ以降、楽しさとクオリティーをコンセプトに、様々なカジュアルグッズ、ウエアを展開している。

チャムスのブランドヒストリー

1983年 CHUMSがマイク・タゲットによって設立される。
1985年 マスコットであるBooby birdが誕生。
1987年 日本にブランドが紹介される。
1988年 スウェットが開発される。その後、「Hurricane Top(ヘンリーネックのスウェットシャツ)」が看板商品となる。
1997年 バッグ、帽子、小物ラインができる。

最終更新: 2011.07.23