CHRISTOPHE LEMAIRE

クリストフ ルメールについて

ブランドについて

 フランスのデザイナーズブランド。1990年、Christophe Lemaire(クリストフ・ルメール)がパリにて自身のブランドとして設立。数シーズンの休止期間を経て、現在はブランド名を「LEMAIRE(ルメール)」として発表している。

 幸運のクローバーがブランドアイコン。卓越した色彩感覚とユニークな素材使い、タイトで優雅なシルエットが特長。エレガントで機能的でモダン。洗練されたアーバンウエアを提案する。

 

クリストフ ルメールのデザイナーについて

 Christophe Lemaire(クリストフ・ルメール)

1965年、フランスのブザンソンに生まれる。
 アトリエ・セーブル卒。大学では装飾美術を専攻。

 「Thierry Mugler (ティエリ・ミュグレー)」、「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」で働いた後、「Christian Lacroix(クリスチャン・ラクロワ)」でオートクチュールとプレタポルテを担当。

1987年、ギャラリーラファイエット財団賞受賞。

1990年、自身のブランド「CHRISTOPHE LEMAIRE」設立。レディースコレクション発表。

1993年、パリコレクションにデビュー。

1994年、メンズコレクションもスタート。

1996年、シューズブランド「SARTORE(サルトル)」とコラボレートし、話題を呼ぶ。

2000年、「LACOSTE(ラコステ)」のクリエイティブディレクターに就任。2002年春夏シーズンよりデザインを手掛ける。

 自身のブランドを再構築するという理由から休止する。

2007年春夏、自身のブランドを「LEMAIRE(ルメール)」として再スタート。

クリストフ ルメールのブランドヒストリー

1990年、Christophe Lemaire(クリストフ・ルメール)がパリにて自身のブランド「CHRISTOPHE LEMAIRE」を設立。レディースコレクション発表。

1993年、パリコレクションにデビュー。

1994年、メンズコレクションもスタート。

1996年、シューズブランド「SARTORE(サルトル)」とコラボレートし、話題を呼ぶ。

2001年、クリストフ・ルメールの「LACOSTE(ラコステ)」のクリエイティブディレクター就任に伴い、自身のブランドを再構築するという理由から休止する。

2003年、コレクションを再開。

2007年春夏、自身のブランドを「LEMAIRE(ルメール)」として再スタート。

 1月、フランス・パリに「LEMAIRE PARIS」をオープン。

 5月、東京に「LEMAIRE TOKYO」をオープン。

最終更新: 2013.04.20