CELINE

セリーヌについて

ブランドについて

フランスのラグジュアリー・ブランド。1945年にセリーヌ・ヴィピアナ夫妻がオーダーメイドの子供革靴専門店としてオープンさせ、オーダーメイド、すぐれた品質により一躍有名に。スポーツウェアをクチュールの世界に取り入れるなど、そのオリジナリティによりブランドの名声を高める。1987年LVMHグループの傘下となったことや、1998年マイケルコースがチーフデザイナーとして就任し活躍したことで更なる飛躍を遂げたと言われている。しかしその一方でB.C.B.G.と呼ばれる伝統的なエレガンスさを継承する人々の間で愛され続けているブランドである。現在のデザイナーは元クロエのクリエイティブ・ディレクター、フィービー・フィロ。2009年には日本人モデル、富永愛とのコラボレーションしたマザーズ・バッグ「The Ai bag」を発売し話題となっている。

セリーヌのデザイナーについて

Phoebe Philo(フィービー・フィロ)

1973年 フランス、パリ生まれ。
1996年 名門デザイン学校セント・マーティンズを卒業。
2001年 ステラ・マッカートニーの後任として、24歳の若さで『クロ
      エ(Chloé)』のクリエイティブ・ディレクターに就任。
2006年 生まれたばかりの娘とゆっくり過ごす時間が欲しいとして、『クロエ』
      のクリエイティブ・ディレクターを辞任。
2008年10月 セリーヌのクリエイティブ・ディレクターに就任。

セリーヌのブランドヒストリー

1945年 セリーヌ・ヴィピアナ夫妻が子供靴店「CELINE」を設立。
1963年 レディスシューズ「Inca」シリーズを発表。
      スポーツウェアをクチュールの世界に取り入れ、そのオリジナリティ
      によりブランドの名声を高める。
1969年 プレタポルテ・コレクションを開始。
1971年 最初のロゴモチーフプリントであるCサルキーの発表。
     (CサルキーはCELINEのCとアメリカンサルキーを組み合わせたもの)
1972年 パリのエトワール広場で凱旋門を取り巻くチェーンからインスピレー
      ションし、ブランドを象徴するサインとして“ブラゾン”の使用を決定。
1976年 モンテーニュ通りとロサンゼルスのブティックがオープン。
1987年 LVMHグループの傘下に入る。
1988年 ペギー・ユン・キンがアート・ディレクターとして就任。
      モンテーニュ38番地に本社がおかれる。
1990年 フランスのコンテンポラリーエレガンスのシンボルとしてリングモチー
      フを使用。
1998年 マイケルコースがチーフデザイナーとして活躍。
2003年 LVMHのブランド総合ビル「ONE表参道」ビルに、旗艦店がオープン。
2006年 クロアチア出身のイヴァナ・オマジックがアーティスティック・ディレ
      クターに就任。
2008年 元クロエのクリエイティブ・ディレクター、フィービー・フィロが就任。
2009年 日本人モデル冨永愛とコラボレートしたマザーバッグを発表。

最終更新: 2009.08.22