CAMPER

カンペールについて

ブランドについて

 スペインのシューズブランド。1975年、ロレンソ・フルーシャによって誕生した。

 132年に渡って靴作りを続けてきたファミリーの伝統から生まれたユニークなシューズは、デザイン性と機能性が両立し、世界中で幅広い層に愛され続けている。メンズ・レディース・キッズのシューズコレクションをはじめ、現在はバッグや財布などのアクセサリーも展開している。

 「CAMPER」は、マヨルカ語では農夫という意味。歴史、文化、地中海の風景からインスピレーションを受け、ジョークや楽しさを足したブランド。 ただ単に会社やビジネスではなく、カンペールはクリエィティブな人たちの集まりであり、アーティスト、イラストレーター、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナーなどの多くのコラボレーターによって日々積み上げられて作られたオープンハウスとも言える。

 アントニオ・フルーシャがスペインのマヨルカ島で初めての靴工場を開設した1877年が夢の始まり。「CAMPER(カンペール)」は、1975年にアントニオの孫、ロレンソ・フルーシャが靴のデザインのあり方をモダンにすることによって生まれた。すでに2世代に渡り引き継がれてきた靴作りの知識を基に、ロレンソ・フルーシャは伝統的な製法とモダンなアイデアやクリエィティビティーと機能性を持ち合わせるデザインを融合させた。

 1981年にバルセロナに初のショップ、その後スペインの大きな都市に新しいショップをオープンさせてきた。そして1992年にパリ、ロンドン、ミラノに店舗をかまえ、インターナショナルな活動を開始。創立から34年経った現在、カンペールは、世界45カ国のブティックやシューズショップへと、直営店、フランチャイズで販売。ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリア、南アフリカで3900店のブティックや靴屋で取り扱いがある。

 カンペールショップは、ロンドン、パリ、ローマ、ニューヨーク、ケープタウン、香港、シドニー、サンフランシスコ、ロサンゼルス、東京、サンパウロ、ドバイ、サンティアゴ、ザグレブ、バンコク、ソウル、北京、イスタンブール、上海、ベオグラード、など・・・世界の主要都市に150店舗以上を展開している。

カンペールのブランドヒストリー

1877年、アントニオ・フルーシャがスペインのマヨルカ島で初めての靴工場を開設。

1975年、アントニオの孫、ロレンソ・フルーシャが靴のデザインのあり方をモダンにすることによって「CAMPER(カンペール)」が誕生。

 すでに2世代に渡り引き継がれてきた靴作りの知識を基に、ロレンソ・フルーシャは伝統的な製法とモダンなアイデアやクリエィティビティーと機能性を持ち合わせるデザインを融合させていった。

1981年にバルセロナに初のショップをオープン。

 その後スペインの大きな都市に新しいショップをオープンしていく。

1992年、パリ、ロンドン、ミラノに店舗をかまえ、インターナショナルな活動を開始。

2005年、ビンソン、フェルナンド・アマット、ジョルディ・ティオとのコラボレーションプロジェクトの"カサ・カンペール"というエコロジカルでアバンギャルドなコンセプトのホテルがオープン。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。