ARTIOLI

アルティオリについて

ブランドについて

1945年、イタリア・ミラノの北西に位置するトラダーテにてセヴェリーノ・アルティオリが創業した靴メーカー。
手仕事のよる靴作りがアルティオリの哲学で、全てを自社工場にて行ない、一足一足が丁寧に作られている。革は徹底的な管理のもと最高品質のものを厳選し、さらにその中から最も良い1%のみを使用。なめしについても化学製品を使わずに、自然にタンニンで加工したものにこだわっている。完成までの全工程には多くの時間を要し、その靴の品質は創業当時と変わらずに仕上げられている。アルティオリの創業者セヴェリーノから、息子そして孫へと3世代に渡って受け継がれ、この絆がアルティオリの伝統を築いている。
また、軽く、しなやかでエレガントな靴を求めた結果、マッケイ製法が最も理想とする製法であり、アルティオリが時代と共に歩んできた靴作りのへの揺るぎない哲学だと行き着いた。鮮やかな色に彩られたロングノーズのアルティオリの靴は、品格や優雅さを実感するにふさわしいノーブルな姿と言える。アルティオリで展開されているコレクションにはさまざまなデザインがあり、そのどれもが「最高傑作」と現ディレクターのアンドレア氏は言う。
多くの有名ハリウッドスターから、大統領まで、幅広いセレブリティを顧客に持つ。

アルティオリのデザイナーについて

アンドレア・アルティオリ
クラシコイタリア協会にも加盟する靴の老舗「アルティオリ」の代表。メンズファッション誌『MEN’s EX』2006年1月号の「世界のベストドレッサー」にも選ばれるほど時計だけでなく、シャツや靴、鞄などにも造詣が深い。バイクはカワサキのニンジャ、クルマは三菱のパジェロを所有している大の親日家でもある。

アルティオリのブランドヒストリー

1945年 セヴェリーノ・アルティオリ氏がミラノで創業したシューズブランド。
1996年 クラシコイタリア協会に加盟。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。