Ann Demeulemeester

アン ドゥムルメステールについて

ブランドについて

 1985年、Ann Demeulemeester(アン・ドゥムルメステール)が設立したブランド。アン・ドゥムルメステールはベルギー出身でアントワープ王立美術アカデミー卒業の「アントワープ・シックス」の1人。

 テーラードの技法を取り入れ、紳士服の縫製と構造を解体しながら繊細なディテールを駆使した女性服を作りだす。 対照を強調する色使いや素材使いが特徴。マルタン・マルジエラや川久保玲らと同様、90年代の初期のグランジ・ルックの代表とされる。
 1996年よりメンズラインも展開。

 日本では、オリゾンティが代理販売を手掛ける。

アン ドゥムルメステールのデザイナーについて

Ann Demeulemeester(アン・ドゥムルメステール)

1981年 アントワープ王立学院卒業
1985年 初コレクションとして 87-88AW でレディースウェア、靴、アクセサリーを発表。
1986年 ロンドンコレクション参加。
1991年 パリコレクション参加。
1996年 パリコレクションにて、レディースと同時にメンズラインも発表し、現在に至る。
2005年 パリメンズコレクション参加。
2008年 08-09AW で、レディースアーカイブコレクション「Ann Demeulemeester collection blanche」を発表。

アン ドゥムルメステールが展開するライン

Ann Demeulemeester collection blanche

最終更新: 2013.04.20