amadana

amadanaについて

ブランドについて

 リアル・フリート設立から翌年の2003年10月、「amadana」が誕生。日本が世界に誇れる「技術力」と「デザイン力」、「編集力」をベースに独創的なエレクトロニクスプロダクツを創造するブランドとして、人々に新たな喜びとサプライズを与えるモノづくりに挑戦している。ブランド名の「amadana(アマダナ)」は、漆器を扱う店が集まる一帯として江戸時代に栄えた街の名前に由来。電子計算機にはじまり、電子レンジや冷蔵庫、コーヒーメーカーなどの生活家電、携帯電話、ヘッドフォン(SAL by amadana)など様々な商品を発売。革新的な新ラインを続々と発表し、セカンドステージを迎えて新たなライフスタイルを提案している。


〜「amadana」創業者について〜
熊本 浩志(くまもと ひろし)
株式会社リアル・フリートの創業者。現在、代表取締役社長。
1975年宮崎県宮崎市生まれ。
大手電機メーカーにて、家電商品の販促企画、商品企画を担当。
2002年9月に退社後、27歳で株式会社リアル・フリートを設立し代表取締役就任。
2003年にはオリジナルブランド「amadana(アマダナ)」を立ち上げ、ブランドマネージメントから商品企画、マーケティングを自ら担当する。
2013年12月にはスマートハードウェア共創エンジン「amidus(アミダス)」をローンチ。熱狂的なカルチャーを生み出すスマートハードウェア、スマートデバイスを様々な企業やクリエイターと共創し、国内から世界へ発信するプロジェクトを多数展開中。

amadanaのブランドヒストリー

2002年 リアル・フリート設立
2003年 東京・原宿から世界中を熱狂させるエレクトロニクスブランドになることを目指して「amadana」が誕生
2004年 電子計算機 発売
2005年 「ミラノ・サローネ」出展
2007年 NECとコラボレーションして“これまでにないデザイン”の携帯電話を発売し、ヒットを記録
2009年 カジュアルライン「SAL by amadana(サル バイ アマダナ)」発表
     ポケットビデオカメラ「SAL」発売
2014年 新ブランド「imp.(インプ)」発表
     

amadanaが展開するライン

SAL by amadana

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。