Ain Soph

アインソフについて

ブランドについて

ヘプライ語で「永遠」「唯一無二」を意味する「Ain Soph」をブランド名とし、2005年に道坂隆、浅井聖によって設立された。「ハミングバード(=幸福の鳥)」をトレンドマークとし、南米の大地で悠久の時を刻むように、かけがえのない存在であり続けたいという思いを込めている。
デザイナーが表現する自由奔放な発想、リアルレザー・リアルファー・コットンキャンバスなどをメインマテリアルとし、自然の中で育まれた素材だけが持つ「ぬくもり」、今では使いこなせる職人も数少ない「ゼロ番手ミシン」で縫い上げた大胆で独特なステッチワークの職人技との融合で、長く愛され続けるもの作り出すブランドである。

アインソフのデザイナーについて

道坂 隆(Takashi Michisaka)
浅井 聖(Satoru Asai)
10年余りのアパレル業界経験を生かし、世界に通用するクリエイションを目指したアトリエブランド「Air Soph」を設立した。テキスタイル、デザインワーク、カッティングパターンを独学で学び、従来の枠にとらわれることのない自由な表現を実現した。

アインソフのブランドヒストリー

2001年 2002年 南青山 リストランテ アンジェロアンジェラにて個展開催。
2003年 2004年 アッシュペーフランス主催展示会に出展。
2004年 Khaki Design Works主催展示会に出展。
2005年 毎年数回の展示会を開催。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。