AGURI SAGIMORI

アグリサギモリについて

ブランドについて

2008年にスタートした鷺森アグリのブランドである。

コンセプトは「アンチノミー(二律背反:二つの相矛盾する命題の定立とその反定立が等しい合理的根拠をもって主張されること)」。性質の異なる二つのものがどちらも等しい主張をもつこと。明と暗、力強さと儚さ、美しさと妖しさのように、光は影が差すことで、闇は光が通ることで、より深みを増すように、目に映るものに対して、少し視点をずらして見てみると、見たことの無い美しさが存在するという。
日本独自の美意識に焦点を当て、内に秘めた芯の強さを独特な世界観で表現。テーラードを軸に服の本質を問い、尽きることの無い新しい表現をし続けていくブランドである。

2008年にはVOLATA(ボラ―タ)とコラボレーションした「VOLATA BY AGURI SAGIMORI」を発表。

アグリサギモリのデザイナーについて

鷺森アグリ(Aguri Sagimori)
1985年7月12日、大阪府寝屋川市に生まれる。2007年、バンタンデザイン研究所卒業。同年、新人デザイナーファッション大賞優秀賞、ナゴヤファッションコンテスト2007グランプリを受賞。2008年、Atelier X-SEED(アトリエ・エクシード)から22歳という若さで東京コレクションにデビュー。ブランド名は自身の名を冠した「AGURI SAGIMORI(アグリ・サギモリ)」。日本の技術を背景に服作りと向き合い可能性に挑戦している。

アグリサギモリのブランドヒストリー

2008A/W 東京コレクションデビュー。
2009年8月 台湾TIS(Taipei In Style)の招待を受け、2009A/Wコレクションを開催。
2009年10月、2010年3月、VantanTokyoパリ合同展示会参加。
2010年 第28回毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞を受賞。AGURI Co,Ltdを設立。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。