Adriano Goldschmied

アドリアーノゴールドシュミットについて

ブランドについて

デニムデザイナーとして確固たる名声を持つAdriano Goldschmied(アドリアーノゴールドシュミット)と高いクオリティーと革新的な製造において米国デニム業界を索引するKoo's ManufacturingのYul Ku(ユル・クー)の二人によって2000年に設立。ヴィンテージの定義を「今」の感覚で見直し、最高水準のスタッフを誇るLAのAG自社工場にて完成された。 広大な敷地内において、デザイン、パターン、カッティング、ソーイング、ランドリー、そして最終仕上げまでを一貫して行っている為、連携の取れたスピーディーな生産工程が可能となり、それがAGのクオリティを支える大きな理由のひとつとなっている。また、先進的なデザインと何年もはきこんだようなヴィンテージ加工を施したデニムは、たちどころに人々の注目を集めるようになった。凹凸感のあるしわ加工やカラー加工は他社と比較しても群を抜いており、味のある表現を完成している。
2005年FWにAdrianoが退き、若手に依るデザインチーム を結成。クリエイションを受け継ぎながら、最上のディテールとクオリティを持つブランドとしての発展のために努力し続けている。最近はキレイなラインと遊び心が共存したデザインアイテムから、新しいファンが増えている。AGの代名詞でもある美しいシルエットや素材と加工のクオリティはそのままに、よりタイムリーな商品の企画とデリバリーを目標とした新生AGがスタートした。 今やL.A.セレブデニムの代表格となったAGは、全米Best Woman's Jeansをはじめ数々の賞も獲得し、本格派の職人デニムブランドとして、その地位を確立した。

アドリアーノゴールドシュミットのデザイナーについて

Adriano Goldschmied (アドリアーノ ゴールドシュミット)
デニムの世界では知らぬ人はいないというイタリア人ジーンズデザイナー。80年代にDIESEL(ディーゼル)やReplay(リプレイ)の草創期をプロデュースし、01年には自らの名を冠した「AG(アドリアーノ・ゴールドシュミット)」を発売。プレミアムジーンズなんて言葉が無い時代から、ファッション感度の高いジーンズを送り出してきたパイオニアなのである。現在、米国やイタリアで活躍するジーンズデザイナーの多くが、ゴールドシュミット氏の影響を受けており、ジーンズ業界のゴッドファーザーとも言われている。そして2005年にAGを退き、新ブランド「GOLD SIGN」(ゴールドサイン)を発表。超大物にも関わらず、気さくな人柄で日本のファッション業界にもファンが多い。


Yul Ku(ユル・クー)
デニム工場で高いクオリティと革新的なジーンズの製造において米国デニム業界を牽引するKoos ManufacturingのYul Ku(ヨル・クー)。Yul Kooは、家族とともに立ち上げたLAの工場で20年余の間Gap、Abercrombie&Fitch、J.Crew、A/X Armani ExchangeやLucky Brandなどの製造を行い、最先端にありながらも質の良さをキープし続けて多くの評価を得ていた。1975年に渡米し、1999年春、Adrianoに出会い、自らも自身が保有するブランドを持ちたいと考えていたYul KooはAdrianoとまず小規模のラインから始め、その後4年間でブランドAGは急激な成長を遂げた。そして全米Best Woman’s Jeansをはじめ数々の賞も獲得し、本格派の職人デニムブランドとして、その地位を確立。2005年F/Wにアドリアーノが退き、Yul KuはブランドAGの拡大を図るために若いデザイナーとMDのチームを結成。AGチームはU.S.Aレーベルの一員であり、最上のディテールとクオリティを持つブランドとしての発展のために努力し続けている。

アドリアーノゴールドシュミットのブランドヒストリー

2000年  Adriano Goldschmied(アドリアーノゴールドシュミット)とYul Ku(ユ
      ル・クー)の二人によって設立。
2005年  Adriano Goldschmied(アドリアーノゴールドシュミット)が退き、Yul
      Ku(ユル・クー)は若手デザイナーとチームを結成。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。